ものづくり北九州企業データベース

熱産ヒート(株)

〒804-0077 戸畑区牧山海岸3-56
TEL 093-873-5039 / FAX 093-873-5050


企業基本情報
(フリガナ) ネツサンヒート
事業所名 熱産ヒート(株)
(フリガナ) カワグチチエコ
代表者名 川口 千恵子
所在地 〒804-0077 戸畑区牧山海岸3-56
TEL 093-873-5039 / FAX 093-873-5050
資本金 3,000万円
創業年月日 1975年03月11日
全社従業員数 13人(事業所従業員数13人)
取扱い品目 工業用加熱炉、高周波加熱製品(歪取装置・金属微細化装置他)、熱関連製品(予熱・焼鈍機材、ヒーター、熱電対溶接機、薄膜型熱電対、省エネ商品他)、現地熱処理工事(予熱・後熱・焼鈍・焼抜)、受託実験
取扱製品 工業用加熱炉、高周波加熱製品、熱関連製品、予熱、焼鈍装置
主な販売先 新日鐵住金株式会社
三菱重工業株式会社
三菱日立パワーシステムズ株式会社
日本鋳鍛鋼株式会社
株式会社神戸製鋼所
主な仕入先 ニチアス株式会社
アズビル
株式会社チノー
株式会社加島
工業団地・大学
公設試験研究機関
ISO認証・公的認証
企業PR情報

企業PR情報

 当社は、高周波誘導加熱を主体とする熱処理装置並びに現地焼鈍工事の専業メーカーです。
当社の経営方針は、「元気で楽しい会社をめざす」をキャッチフレーズとして、日々の事業活動を行なっています。
創業40周年節目の年に、海外進出計画も緒につきました。また、より専門性を追求するため、事業部門を『各種工業炉』、『高周波加熱製品・熱関連製品』、『熱処理工事および付帯サービス』の3部門に再構築しました。
 熱を中心とする技術領域で、オリジナル製品、特許技術を持ち、北九州市から2011年に『オンリーワン認定企業』に選出されました。
創業より現在、「熱を中心とする技術開発を通じて、研究開発型企業として時代の要請に応える商品を提供し、顧客満足を追求する」という理念の通り、造船の現場で活躍中の「溶接歪取用高周波誘導加熱装置」や、業界内で圧倒的なシェアを誇る「局部予熱・後熱用高周波誘導加熱電源」などの画期的製品を生み出してきました。熱処理のスペシャリストとして海外事業展開の一歩としてインドネシアでの営業活動も始まった。技術大国日本の誇りと未来を背負って立つ元気企業の一つとなるよう活動をしていきます。

参照URL

 

トピックス

当社では、顧客満足の追求のためには、社内品質管理体制の確立が最重要であると認識し、平成10年8月にISO9001の認証取得活動を開始しました。
平成11年8月、審査登録機関である、デットノルスケベリタス(DNV)の監査を受け、JAB(日本の認定機関)及びRVA(オランダの認定機関)へのISO9001の認定会社として、登録を致しました。
当社の品質方針は、「共創・共生の精神で、熱を中心とする技術開発を通じて、業界最高の品質を目指し、顧客満足を追求する」を掲げております。

参照URL

 
E-Mailアドレス info@nessan.co.jp
所属団体 北九州商工会議所 / 八幡法人会 / 福岡県工業技術センタークラブ / 北九州ものづくり光継会(異業種交流会) / 北九州経営研究会 /
窓口担当所属 経営企画室
氏名 川口 千恵子
技術情報

高周波誘導加熱鋼板組立材歪取装置(特許取得済)

 本歪取装置は、船舶などの鋼板組立材の製作過程に於いて、溶接部分の歪取り作業に使用する加熱装置です。従来の歪取り作業は、作業者がガストーチを持って溶接部分に沿って移動しながら加熱する方法がとられていました。しかしながら、このようなガス加熱による方法は、表面加熱であるため、温度ムラが生じ易く、作業に高度の熟練を要するため、又、ガス、煙、騒音の発生という環境面での問題があるため、近年においては、熟練作業者の不足と相俟って採用が減少し、これに代って高周波誘導加熱装置による加熱が行われるようになっています。
 当社製歪取加熱装置は、高周波電源から出力した高周波電流を、増幅トランスで増幅させ、高周波大電流を誘導加熱コイルに供給して、コイルに近接させた鋼板表面にうず電流を発生させ、これに伴うジュール熱により鋼板を短時間に所定温度まで昇温させることができます。コンパクト化された増幅トランスと誘導加熱コイルを小型台車にのせ、加熱すべき部分に沿って自動走行させることができるため、作業効率を大幅に向上させることができます。

参照URL

 

高周波通電加熱式ボルト締めヒーター(特許申請中)

 本ヒーターは、蒸気タービンの上下車室などの固定用として使用されている大型ボルトを締付、弛緩する際に、ボルトの昇温を行うために用いられるヒーターです。上記のような大型ボルトは、スパナやレンチなどで締付、弛緩作業を行うことはできません。そこで、ボルトを加熱して軸方向に膨張させることによって、締め付けるべき物体とナットとの間に隙間を生じさせて、ナットを回転し易くし締付、弛緩作業を行います。
 当社製ボルト締めヒーターは、金属製ボルトの軸心方向に穿孔された加熱用孔内に、ヒーター導電体を挿入し、電源装置からヒーター導電体及びボルトに装着された給電部に高周波電流を供給すると、高周波電流特有の近接効果により、加熱用孔の内周及びヒーター導電体外周に高周波電流が集中して流れるため、加熱用孔の内周部分はジュール熱によって急速に発熱し、その熱が伝導して、ボルト全体を短時間に昇温でき、かつ電流効率も良好であり、大型ボルトの締付、弛緩作業の作業性向上に役立てることが出来ます。

参照URL

 

各種工業炉

 顧客ニーズに合わせて、目的に沿った設計を行い、コストミニマムを追求した高品質な装置を提供致します。

参照URL

 

真空アーク放電による金属表面クリーニング技術

 本技術は、真空プラズマアーク陰極点の特殊作用を利用して、金属表面に存在するスケール、錆、油塗装膜などを優先的に揮発除去する、金属表面クリーニング技術です。従来のクリーニング方法にみられるような酸やアルカリを使わず、有害スラッジの発生がなく、ブラストのような粉塵、騒音の発生もなく、環境と作業所に優しい技術です。
 当社製アーククリーニング装置は、排気装置、アーク電源、メーター類をコンパクトにまとめた制御部本体と処理を行う小型カップ状のクリーナーとで装置が構成され、簡単に移動ができます。
処理したい表面部分に、カップ状のクリーナーを当て、スイッチ操作するだけで、クリーニングが進行します。
 用途例として、1鋼材の錆・黒皮スケールの除去 2各種金属・合金材料の表面酸化膜の徐去3溶射、PVD、CVD、塗装などの表面皮膜の前処理(表面活性化、粗面化)が考えられます。

参照URL

 

ワンタッチ加熱コイル(特許登録)

 本加熱コイルは、高周波誘導加熱装置を使用して、鋼管等の溶接時の余熱および溶接後の熱処理に使用されるコイルです。鋼管等の被加熱体を高周波誘導加熱装置によって加熱しようとした場合、まづ被加熱体の表面に、加熱コイルの熱損防止を目的として、断熱材を施工した後、さらに断熱材の破損を防ぐため、その上にガラスクロスを施工し、次いで加熱コイル芯線を巻きつけてコイル状に施工する必要があります。これらの施工には長い作業時間を必要とします。
 当社製のワンタッチ加熱コイルは、袋状の装着カバー内に加熱コイルと断熱材を一体にまとめて収容した「加熱装着ユニット」で構成されており、本ユニットには締結用のフックテープが取付けられています。
本ワンタッチ加熱コイルを使用すれば、被加熱体に対する断熱材および加熱コイルの取付けに関わる作業性の向上と作業時間の大幅な短縮を可能とし、コスト削減に寄与できます。

参照URL

 
商品PR情報

高周波誘導予熱焼鈍電源

 本電源は高周波誘導加熱を利用したうず電流によって、配管本体を加熱させるもので、インダクションコイルが発熱しないため、やけど等の心配が無く安全に作業できます。空冷方式の可般型で現場向きの電源です。用途は電力プラント・造船・鉄鋼・ケミカルプラント等で配管等の溶接時・溶接後における予熱・焼鈍・焼バメ・焼入れその他多用途に使用できます。プログラム温度調節計との組合せによりPID制御で最適に加熱できます。

参照URL

 

コード

001(HEARTS HEATER)

定価

 


可搬式高周波誘導加熱電源

 本電源は高周波誘導加熱・高周波通電加熱を利用して、色々な用途に使用できます。冷却水循環装置を必要としない強制空冷方式で軽量・可搬型を可能とした低コストの高周波誘導加熱電源です。
用途として、溶接部歪み取り加熱、ろう付用加熱、曲げ、かしめ用加熱、ライニング被膜の剥離加熱、ベアリング焼バメ・引抜加熱、熱入れ加熱、大型ボルトのボルト締め加熱等があります。

参照URL

 

コード

002(MULTI HEATER)

定価

 


高周波誘導加熱鋼板組立材歪取装置

 本装置は造船所や鉄鋼・橋梁メーカー等で、溶接後の歪みを取る際に使用される装置です。熟練者の技術を必要としませんので、素人でも簡単に取り扱えます。制御か熱ができ、繰り返し作業ができます。異常加熱もなく、金属性質を変えることもなく、応力レベルの増加がありません。塗装した表面でも、下塗りした表面でも、毒性ガスの発生も少く、又、騒音、粉塵並びに輻射熱の低減等、環境的にも優れた装置です。

参照URL

 

コード

003(NETZ SYSTEM)

定価

 


熱電対溶接機

 本溶接機は金属の実体温度を計測したい時、熱電対を被加熱物に直接溶着させる為の物です。0.3mm~1.0mmφの熱電対素線(一般的にK型{アルメル・クロメル})をボリューム調整によって、溶着が可能です。充電式でコンセントも要らず、5・5Kgという軽量なので、どこにでも持ち運びができます。

参照URL

 

コード

004(TWU)

定価

 


電気抵抗式現地予熱焼鈍装置

 本装置は電気抵抗加熱ヒーターを用いて、配管の熱処理を行う場合に使用する加熱ヒーターの温度制御装置です。サイリスタレギュレータの採用で小型・軽量化され、可搬式となっています。
1回路の昇温~保持~降温のプログラム制御ができる「サンリック1点自動焼鈍機」および6回路のプログラム制御が個別にできる「サンリック6点自動焼鈍機」を標準機種としています。

参照URL

 

コード

005(SANRIC SERIES)

定価

 


ものづくり情報

設備・機器

オンリーワン・ナンバーワン
○○初
人材紹介
(参照URL:)
人材を求める
インターンシップ
求める企業・コト・モノ