ものづくり北九州企業データベース

(株)三井ハイテック

〒807-0081 八幡西区小嶺2丁目10-1
TEL 093-614-1111 / FAX 093-614-1200


企業基本情報
(フリガナ) ミツイハイテツク
事業所名 (株)三井ハイテック
(フリガナ) ミツイヤスナリ
代表者名 三井 康誠
所在地 〒807-0081 八幡西区小嶺2丁目10-1
TEL 093-614-1111 / FAX 093-614-1200
資本金 1,640,388万円
創業年月日 1949年01月12日
全社従業員数 2,081人(事業所従業員数654人)
取扱い品目 プレス用金型、リードフレーム、工作機械、モーターコア他
取扱製品
主な販売先



主な仕入先



工業団地・大学
公設試験研究機関
ISO認証・公的認証
企業PR情報

企業PR情報

                < ご 挨 拶 >

 私たち三井ハイテックの使命は、『世界の人々に役立つ製品をつくる』ことにあると考えております。その時代における最高の精度の製品を、お客様に満足していただける価格で、お客様の必要な量を、お客様の必要な納期で生産し供給します。

 当社はこれまで、高度な精密加工技術を基幹技術として、プレス用精密金型・工作機械・リードフレーム・モーターコアと事業を展開し、生産性ならびに精度を飛躍的に向上させることにより、日本だけではなく世界の家電、エレクトロニクス、自動車、産業機械の発展に貢献してまいりました。

21世紀に入り新エネルギー分野への貢献と新興国需要への対応を事業展開の重点課題と位置づけ、「省資源・省エネは子孫へ贈る最大の贈り物」をスローガンに、明るく豊かな未来に向けた製品を作り続けてまいります。

参照URL

 

トピックス

参照URL

 
E-Mailアドレス webmaster@mitsui-high-tec.com
所属団体 NPS研究会 / 日本金型工業会 / 北九州商工会議所 / 型技術協会 /
窓口担当所属 総務部 法務グループ
氏名 大隈 健司
技術情報

精密金型

厳しい精度が求められる金型加工には、優れた技能者の育成による「技能」の蓄積と、それをデータとして表現できる「技術」に変化させることが必要です。

創業以来培ってきた金型製造のノウハウと確立した超精密加工技術は、高精度・高品質な金型の供給を実現しています。

さらに、金型専用工場は、工場内を恒温・恒湿・クリーンな環境を保ち、様々な加工設備を充実させていることも強みです。

参照URL

 

モーターコア用精密金型

モーターコア

モーターは、私たちの生活に無くてはならないものです。例えば、小さなものでは携帯電話のマナーモード用の振動モーターから、洗濯機、冷蔵庫、エアコン等の家電品にもモーターが使用されています。これらのモーターの部品となるローター、ステーターは金型でスタンピングされます。

低炭素社会では、モーターが製品の性能に大きな影響を与えるようになっています。特に、自動車の駆動用モーターでは、環境にやさしく且つ快適なドライビング性能を損なわないように、効率よく経済的にできています。

当社では、私たちの生活のあらゆるところで働いているモーターを構成する部品、ローター、ステーター等の生産用の金型供給をはじめ、スタンピングに至るまでトータルサービスを提供いたします。

参照URL

 

リードフレーム

リードフレームとは、半導体パッケージの内部配線として使われる薄板の金属のことで、外部と電気信号を橋渡しする役目を果たしており、半導体パッケージの大部分にリードフレームが使われています。

当社では、ハーフエッチングなどの特殊製品・少量多品種の生産に有利なエッチングリードフレームと、大量生産・コストダウンに有利なスタンピングリードフレームの2つの生産体制を整えており、その独自の生産設備とグローバルな安定供給体制により、高精度・高品質、短納期を実現しています。

また、リードフレーム自社内調達によるI C組立までの一貫した生産体制も有しており、開発からテスト、量産までをトータルにお任せいただけます。

参照URL

 

工作機械

当社の工作機械は、自社内の工場設備として開発された製品で、その操作性・耐久性は、すべて使う立場からの発想に基づき生み出されました。

最高水準の技術を誇る金型メーカーが製作した工作機械として、既に導入されているお客様からは高い評価をいただいています。

また、当社では、工作機械のオーバーホール事業を推進すると共に、リニューアル機の販売にも力を入れています。

参照URL

 

商品PR情報

現在、登録情報はありません

ものづくり情報

現在、登録情報はありません