ものづくり北九州企業データベース

岡野バルブ製造(株)

〒800-8601 門司区中町1-14
TEL 093-372-1131 / FAX 093-382-1203


企業基本情報
(フリガナ) オカノバルブセイゾウ
事業所名 岡野バルブ製造(株)
(フリガナ) オカノマサキ
代表者名 岡野 正紀
所在地 〒800-8601 門司区中町1-14
TEL 093-372-1131 / FAX 093-382-1203
資本金 128,625万円
創業年月日 1926年11月03日
全社従業員数 253人(事業所従業員数115人)
取扱い品目 各種バルブ類製造・メンテナンス
取扱製品
主な販売先



主な仕入先



工業団地・大学
公設試験研究機関
ISO認証・公的認証
企業PR情報

企業PR情報

 大正15年11月、日本が近代化を一丸となって推し進めていたさなか、当時輸入品に頼っていた高温・高圧バルブの国産化を目指し、岡野バルブは創業を開始しました。
岡野バルブの製品に表示されている”SUPERO”は英語のSuperior(最上の、優秀な)という言葉を、エスペラント語風に”O”で終わらせた造語であり、語感の似た”Super”(超)の意味、つまり「外国製品を超えてみたい」という願いが込められた商標でもあります。
 以来、90有余年、日本の技術革新の進展とともに、岡野バルブは数々の日本初、世界初の実績を重ねつつ歩んでまいりました。素材開発から、設計、製造、メンテナンスまでの一貫した生産管理体制は、マスプロメーカーには無い独自のノウハウを生み、私たちの個性として結実しています。
 日本の技術革新と共に歩んできた岡野バルブは新たな世紀に、さらなる挑戦を始めようとしています。

参照URL

 

トピックス

高温、高圧バルブの素材から製品までの一貫生産システム
バルブメンテナンス用機器、治工具類の開発製作

平成 6年 ISO9001の認証取得
平成12年 ISO14001の認証取得

参照URL

 

E-Mailアドレス
所属団体
窓口担当所属
氏名
技術情報

各種バルブの製造

 1932年、私たちは弁座面へ高温に強い特性を持つ合金であるステライトの採用を、世界で初めて実現しました。現在でも世界中のバルブメーカーがステライトを採用しており、世界標準の技術となっています。
 以後、発電所をはじめ、大型タンカー用、LPG・LNG用のマイナス196℃に耐えるバルブや1200℃に耐える風洞用遮断弁、減温・減圧を1台でこなす蒸気変換弁等、あらゆる産業分野の発展とともに歩んできました。
 また、バルブ材料の研究・開発やメンテナンス機器・ソフトウエア開発等も積極的に行い、常にイノベーションを生み出す体制を整えています。

参照URL

 

商品PR情報

各種弁

玉型弁、仕切弁、逆止弁、安全弁、逃し弁
ねじ締め逆止弁、ドレン弁、ライニング弁
NAC弁、調整弁
<詳しくは当社ホームページの新商品コーナーをご覧下さい>

参照URL

 

コード

 

定価

 


ETFEライニング弁
ものづくり情報

現在、登録情報はありません