ものづくり北九州企業データベース

常石鉄工(株) 若松スティール工場

〒808-0002 若松区向洋町43-1
TEL 093-752-0770 / FAX 093-752-0777


企業基本情報
(フリガナ) ツネイシテツコウワカマツステイールコウジヨウ
事業所名 常石鉄工(株) 若松スティール工場
(フリガナ) カワキタマサヒロ
代表者名 川北 雅弘
所在地 〒808-0002 若松区向洋町43-1
TEL 093-752-0770 / FAX 093-752-0777
資本金 10,000万円
創業年月日 1963年01月08日
全社従業員数 279人(事業所従業員数89人)
取扱い品目 鋳物業(船舶部品製造)
取扱製品 鋳鋼品、鍛造用鋼塊、大型製缶品、機械加工
主な販売先



主な仕入先



工業団地・大学
公設試験研究機関
ISO認証・公的認証
企業PR情報

企業PR情報

1963年設立。主に舶用製缶・機械加工および艤装工事を専門としています。

製缶部門では、いち早くNCプラズマ切断機を導入。鋼板、型鋼の高品質、高能率を実現し、主力製品の船体ブロック、船尾骨材など、各種艤装品を製作しています。

機械加工部門では、NC自動化を推進し、能力増強を図り、舶用軸の加工数量では国内トップクラスを誇ります。そのほか、常石造船国内工場、海外現地法人3工場に技術者を配し、船の心臓部である機関部の艤装工事も手掛けています。

参照URL

 

トピックス

参照URL

 
E-Mailアドレス
所属団体
窓口担当所属
氏名
技術情報

機械加工

機械加工工場では、舶用軸系(推進軸/中間軸/ラダーストック)の加工本数が国内TOPクラスであり、当社技術力を駆使し専用機開発~NC化改造を行い、高精度高品質・工期短縮・コストダウンを実現しています。

右写真:第一機械工場

参照URL

 

船尾品加工

舵構造製作では、特許認証の舵ボーリングの専用機を開発し、高精度・高品質を実現しました。また、工期短縮・コストダウンに大きく貢献し、業界初となる溶接ロボット導入にも積極的にチャレンジしています。 スタンフレームにおいては、撓鉄と呼ばれる3次元曲げの特殊技術を有しています。 仕上げでは、100分の1mm以下という精度で行われる高度な摺り合わせ技術も持っています。

右写真:ラダー加工機(自社開発)

参照URL

 

艤装工事

常石グループ国内2工場の機関艤装仕上工事を中心として、主機・軸系・舵の据付仕上の他、各種舶用ボーリング工事(現地加工)・機関室内機器据付・運転まで幅広く手掛ける技術集団です。 海外2工場に12名の優秀なエンジニアを派遣し、現場の管理・指導を行っています。

右写真:船尾管ボーリング

参照URL

 

船体ブロック

ブロック工場では、NCプラズマ切断機/型鋼.FBロボット切断機/曲げプレス機/自動溶接機を有し、工場内での一貫製作により工期短縮・コストダウンを実現しお客様のニーズにお応えしています。また陸、海を問わず、あらゆる構造物製作にチャレンジしています。

参照URL

 

パイプ

4点自動溶接機、パイプコースター(MAX.700A)及びパイプベンダー(MAX.200A)とパイプ倉庫を有し、高品質・ローコスト・緊急対応を実現致します。

参照URL

 

商品PR情報

インゴット

参照URL

 

コード

 

定価

 


大型製缶品

参照URL

 

コード

 

定価

 


ケーシング

参照URL

 

コード

 

定価

 


プロペラボス

参照URL

 

コード

 

定価

 


一体型ラダーホン

参照URL

 

コード

 

定価

 


ものづくり情報

現在、登録情報はありません